プロフィール

スタッフ

chouhachi

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2010年6月 | メイン | 2010年9月 »

2010年7月

2010年7月21日 (水)

~愛媛~鬼北町・雉工房へ

高速道路は無料実験中。
ちょっと得した気分で高知をあとに西へ進み愛媛は鬼北町へ。

春先に産まれた雉たちが育っていました。
毛色が変わり雄雌が判別できるようになったといいますが・・・
説明を受けてやっと判る程度の違い。
これから秋にかけて雄雌で色の違いが出てきます。


こちらは孵化器。
一定の温度(35度ぐらいだったような)で孵化するまで温め続けます。タイマーで時々卵を揺らし、上下を入れ替え刺激を与えます。

こちらは誕生2日目の雛たち。
鳴き声はニワトリと同じ「ピヨピヨ」。
ニワトリとは違うのは生後2日目で軽く飛べてしまうこと。
気をつけないと外に出て逃げてしまうそうです。

2010年7月16日 (金)

高知唯一の地ビール・海辺の果樹園

高知唯一の地ビールを作っているリゾートホテル・海辺の果樹園へ表敬訪問。
そして世界で唯一鰹節を副原料にした地発泡酒の土佐の狩人を作っている所でもあります。

銅製の釜。内側はステンレスです。

中庭のプールは眺望も素晴らしく奥にはチャペルも。

事前に聞いていなかったのですが、今月末より鰹節ビールこと「土佐の狩人」が黒潮ビールにちなんで黒ビールにリニューアル。
試作のビールを試飲させていただきました!
黒だけにかつおの風味がわかりづらくなりましたが地元の原料を使っているのはうれしいですねぇ。
関東で飲めるのはたぶん当店だけ。今月末には入荷予定です。

2010年7月13日 (火)

酢橘の産地へ ~徳島~

うどんを食べた後は、また高速道路にのり阿波の国・徳島へ。

当店の酢橘・ゆこう・柚子などの果汁の仕入れ先の谷内青果さんへ表敬訪問。

聞くところによると、酢橘の木は15年目から45年目ぐらいが働き盛り。寿命も人間と同じぐらいだそうで一生の付き合い。また今植えた木は来世のために植えていく作業。
大変ですね!

また、酢橘の場合だと1キロから300ccの酢橘果汁が得られるそうです。

うどんを食べに行きました。

昨年に引き続き四国へ行ってきました。
夜の22時に出発して走ること650キロ。香川県には翌朝の6時頃到着。
写真は高速松山道・津田の松原サービスエリアにあるオブジェです。
さすが牟礼が近いだけあります。

香川で営業している讃岐うどん屋さんでは朝一番早くから営業していると思われる「さか枝」さん。
一玉190円だったかな?
それに天ぷらがどれでも80円。迷わず30㎝以上ある穴子の天ぷらをチョイスしました。
場所は県庁の近く。駐車場もあって6時から営業しています。オススメ。

2010年7月 6日 (火)

「真澄」の宮坂醸造、トラック突っ込み全壊

携帯のニュースで知りびっくり!!

しかも、誤解を招くような報道で拡大解釈もあったようで・・・・。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100706-00000004-jct-soci

長八 のサービス一覧

長八